パッシブ光LANインフラストラクチャには、シングルモードファイバケーブル、その配備インフラストラクチャ、パッシブ(非電源)光スプリッタ、および2つの主要なアクティブな電子コンポーネントが組み込まれています。一般的にデータセンターまたは機器室に常設する光回線終端装置(OLT)と、エンドユーザ機器との間の適切な通信を保証する光ネットワーク終端装置(ONT)。

POLは、資本コストと運用コストを節約し、総所有コスト(TCO)を大幅に削減します。全ファイバPOLインストールでは、サイズ、運用上の快適性、およびLANの冗長性の程度に応じて、パッシブインフラストラクチャで最大30〜50%のコスト削減を達成できます。したがって、POLネットワークは、主に銅ベースの環境へのアップグレードとして理にかなっているかもしれない。

さらなる利点は、POLにはより小さなケーブルインフラストラクチャフットプリントが必要であることです。アクセスレイヤのエレクトロニクスを作業エリアに向かって移動させるので、フロアディストリビュータ内に集中型アクセススイッチは必要ありません。したがって、フロアディストリビュータの必要性を低減するか、または排除する可能性があり、追加の作業ステーションの床面積を解放する。

さらに、通信インフラストラクチャを構築するために必要なネットワーク要素が少なくてすみ、省スペースの光ファイバケーブルは、かさばる銅ケーブル束を置き換えています。これにより、熱負荷も低減されます。また、シングルモードファイバを使用することで、帯域幅の需要が増えてもケーブル接続インフラストラクチャを交換する必要がなくなり、ケーブルネットワークの寿命が飛躍的に向上します。 

POLは、ホームGPON技術にファイバを根付かせた実証済みの技術であり、真のキャリアグレードの堅牢性、信頼性、およびサービス品質(QoS)を実現します。さらに、GPONは、簡単で効率的で、理解しやすく管理しやすいように設計された成熟した技術です。