ケーブル配線は、ネットワークパフォーマンスにとって最も重要な要因の1つですが、データセンタープロジェクトへの投資総額のわずか2〜4%を占めているに過ぎません。事実としてすべての障害の40〜50%が品質の低い接続技術とそれに起因する物理ネットワークが不十分であることが原因となっています。

同時に、既存のITインフラストラクチャがクラウドデータセンターに変換されるにつれて、ケーブル配線は着実に増加しています。物理サーバへの接続が、待ち時間、パケット損失、データスループットの点で必要なパフォーマンスを提供しない場合、サーバ上で動作するすべての仮想デバイスへのアクセスは影響を受けます。

R&Mは、新しいデータセンターを構築するのか、インフラストラクチャを最新の要件に合わせるのかにかかわらず、データセンターソリューションを支援します。