インターネット上の帯域幅の需要は20ヶ月ごとに2倍になります。ユーザーは、その全面的な利便性のために頻繁に新しいサービスを楽しんでいます。これらのサービスには、IPTVやビデオオンデマンドでのオンラインゲーム、または複数の人事データのインターネットストレージ等があります。クラウドアプリケーションとサービスとしてのソフトウェアは、プロセスを簡素化するため、オフィスや業界で日常業務になりつつあります。メディア、貿易および金融部門は、毎秒何百万ものデータ記録を世界中に送り、市場にサービスを提供しています。

その結果、多くの国では、ネットワークの高速接続が人口増加に伴う基本的なニーズとして含まれています。企業サイトの選択はますますデータハイウェイの可用性に依存します。将来的には、e-ヘルス、e-ラーニング、e-政府などのさらなるインターネットアプリケーションとともに、交通、輸送、エネルギー、情報をインテリジェントに管理するスマートシティが期待されています。ギガビット・ソサエティへのトレンドは、無損失の信号伝送を備えたさらに強力で安定したネットワークを必要としています。