各IPデバイスは、データ接続に加えて電源も必要です。ここでは2つのアプローチが確立されています。

別の低電圧電源ラインは非常に信頼性が高く、設置が正しく行われていればデータ伝送には影響しません。 R&Mは自社開発した230/380 Vバスシステムをベースにした革新的なソリューションを提供しています。

別に電源装置を設けることの主な欠点は、柔軟性の欠如と相当量なケーブルを必要とすることです。このため、データネットワーク(PoE)またはPoE(PoE)経由のリモート電源がますます普及しています。この方法では、特別なスイッチまたは中間装置(ミッドレンジインジェクタ)が、規定されたツイストケーブルに48Vの非調整超低電圧範囲のDC電圧で電力を伝送します。IEEEはこの電源供給を最大15ワットの標準802.3af(PoE)、最大25ワットの802.3at(PoEP)で定義しています。 802.3bt以下のさらなる定義では、最大50〜100W(4Power Power over Ethernetまたは4PPoE)の電力範囲に拡張する予定です。

PoE、PoEP、およびその先の4PPoEにおいての重要な危険要因は、電力の伝送(メタルケーブルの導体抵抗による)によるケーブルの温度上昇と、負荷環境下でプラグを抜いたときに発生する可能性のあるスパークの結果としてのRJ45接点の破壊です

R&Mはこれらの要因を詳細に分析しました。特記しない限り、R&Mのケーブルコンポーネントは、PoE、PoEP、および今後の4PPoEアプリケーションでの使用に適しています。ただし、配線システムの計画と設置は、Power over Ethernetの導入を成功させる上で大きな影響を与えます。 R&Mは、将来のケーブル配線の計画と設置を支援するために、豊富な情報資料と有用な計画ツールを提供しています。

POEカリキュレーター

ケーブル配線部品の適切な選択に加えて、配線システムの計画と設置は、Power over Ethernetの導入の成功に大きな影響を与えます。

R&Mは、将来的に信頼性のおけるケーブリングの計画と設置を支援するために、「PoEカリキュレーター」を開発しました。

この計画ツールを使用すると、さまざまな環境および設置条件をシミュレートし、関連するISOおよびEN規格に従って最大許容永久リンク長が計算できます。 "What if if .."解析でパラメータを変更することで、このツールは将来的に信頼性の高いケーブリングシステムを実現するのに役立ちます。

高密度要求のためにケーブル直径がより小さいパッチコードが導入される際には、状況をよく見極めることが重要となります。このため、R&Mはパッチコード用としてのPower over Ethernetカリキュレーターを作成しました。さまざまなケーブルによりケーブルバンドルが到達する可能性のある温度を本マネジメントシステムにより計算でき便利です。