エンタープライズデータセンターの帯域幅の需要が増大し、より高い容量とスループットが要求されるにつれて、モジュール式ファイバー接続システムが重要な選択肢となっています。

Netscale Fiber Cablingは、データセンタのバックボーンを形成する高密度のマルチ拠り線ケーブルシステムです。最大ファイバ数144本まで、異なるファイバ数で製造可能なトランクは、複数のサブユニットを単一のケーブルに統合することで、設置時間を短縮します。このアプローチは、ケーブルの全体の直径を大幅に減少させ、ケーブル配線チャネルの空間利用をより良好にします。

Netscale Fiber Cablingは、大幅な高速化を実現するためにカスタマイズが可能で、40Gと100Gに簡単に移行でき、必要なファイバー密度と高い帯域幅のネットワークを実現する柔軟性をサポートします。このポートフォリオは、OM3、OM4、OM5およびOS2ファイバーが利用できます。

Netscaleファイバーケーブルは、工場で完全に終端され、テストされているため、ネットワークインフラストラクチャの導入を加速し、コストとエラーを削減し、データセンターを短時間でアクティブなオンライン状態にすることができます。 

稼動ネットワークへの柔軟性の有る導入

Netscaleファイバケーブルは、40Gおよび100Gネットワークでトランクファイバーの100%の使用率を保証することで効率化を実現します。このソリューションのQSFP +変換ケーブルは、12芯のファイバーコネクタからトランクケーブルを介して、40 / 100Gトランシーバ接続用の8芯ファイバへ分岐します。 SFP +変換ケーブルは、LCデュプレックスポート付きの4つの10G SFP +トランシーバモジュールを、MPOポートを備えた40G QSFP +トランシーバへ集約します。

稼働中の高性能

ケーブルは、データセンター環境では、多様な状況で、潰されたり、挟み込まれたりします。 Netscaleファイバーケーブルは、マルチモードとシングルモードの両方のケーブルで、標準として曲げに強いファイバーを使用しています。このファイバ仕様により、光学性能を維持します。- 曲げ半径が15 mmであった際にも同様です

操作性の向上

Netscaleファイバーケーブルは最先端の接続技術で製造されています。オペレータおよびインストーラは、R&Mの革新的なプッシュプル設計のLC-QRコネクタの恩恵を受けます。本コネクタは、設置時間に悪影響を及ぼすことなく、高密度ファイバソリューションを配置することができます。