Polaris-box 6は、屋内と屋外のFOターミネーション用のR&M からの新世代ボックスの名称です。これは、シングル&マルチ住居ユニットのセグメントでR&M のFTTHソリューションを拡充します。

Polaris-box 6は、オールラウンドに使用可能な特徴を持っています。単一の住居ユニット、例えば戸建住宅から複合施設まで、あらゆる種類の用途で使用することができます。建物の入口からライザーとフロアディストリビュータを介して、光終端コンセントまで接続されます。

ファイバの接続手法は、パッチング、スプライス、スプリッタ構成、および個別のアセンブリまでを包括的にサポートします。すべての典型的なFTTHトポロジが実現可能です。

標準的な基本バージョンでは、Polaris-box 6には12のスプライス接続と6または12のパッチ接続用のスペースがあります。この装置は、4つのFMT(ファイバ管理トレイ)あるいは、1TPUスプライストレイまたは2つの2TPUスプリッタトレイにより拡張できます。フル実装では、60個のスプライス接続と12個のプラグ接続が可能です。本BOXは常時改造可能です。

一体化されたハウジングシールにより、Polarisボックス6は保護クラスIP67の要件を満たします。ケーブルシールはIP65の要件を満たしています。ユニークな特徴は、2つの部分からなるモジュラーシールソリューションで、ケーブルの入り口にスリットエレメントが付いています。

更なる情報 

より多くのセキュリティと信頼性

  • ユニークなシーリングコンセプト
  • 保護クラスIP65
  • ストレスのないファイバ管理
  • オプションのロック機構 

より効率的

  • 迅速で正確な設置
  • メンテナンスに優しい住宅
  • 工具なしでの取り扱い
  • 統合された箱での保持機能 

柔軟性の向上

  • 多機能プラットフォーム
  • 複数の再構成可能な設定
  • 最大60のスプライス、最大12のパッチ接続
  • すべてのケーブルグロメット

アプリケーション 

  • ビル内でのFTTHファイバー接続用
  • シングル(SDU)およびマルチ住居(MDU)
  • パッチ、スプライスおよびスプリッタの構成
  • ポイントツーポイント(P2P)およびポイントツーマルチポイント(P2MP)
  • FTTH屋外ケーブル
  • コロケーション
  • フロアディストリビューター
  • 光終端コンセント